オンライン教材 不登校 発達障害

【すららの資料請求は無料】不登校を出席扱いにするなら請求すべし!

2020年9月18日

すらら資料請求

スポンサーリンク

ふくねこ

こんにちは!ふくねこです。

「すらら」は勉強が苦手な子でも続けやすいと評判のオンライン教材。

ママ友から「資料請求した方がいい?」と度々聞かれるので、今回記事にしてみました。

結論からいうと資料請求はした方がいいです。無料なのでお金もかかりません。

不登校や発達障害などの困りごとがあって、上手く学習が進まない子たちにこそ、おすすめのオンライン教材と言われているのが「すらら」

不登校でも条件を満たせば「すらら」で登校扱いにすることもできます。

すららをお試ししたい人、気になっている人はなぜ資料請求はした方がいいのか、メリットデメリットも合わせてご紹介していきますね!

 

>>>すららの資料請求はこちら

 

 

>>>関連記事:すららは評判最悪?失敗しない為のメリット・デメリットと5つの特徴

>>>関連記事:すららで不登校でも出席扱いにする手順5ステップ!学校との交渉実例

 

 

1. すららの資料請求

すらら

すららに資料請求を申し込んでから届くまでは、5日前後です。

8種類ほどの書類が届きます。

まずは、資料請求の手順からご説明します。

 

1.1. 資料請求の仕方

まずは下のリンクから「すらら」の資料請求のページに移動してください

>>>すららの資料請求はこちら

 

すらら申込

画面を下にスクロールしてください。

 

すらら資料請求

矢印の下「無料:資料請求」をクリックします

すらら資料請求

こちらの画面が出ますので、必要事項を入力していきましょう

すらら資料請求

「学習目的」のところには、必ずチェックをいれてください。

どこにチェックをいれたかで、送られてくる資料の種類が増えたり変わったりします。

すらら資料請求

「ご意見、ご質問、ご要望などありましたら、ご記入ください」の欄。

わたしは「不登校を出席扱いにすることを考えていること」「学校側との交渉について前例やアドバイスがあれば教えて欲しい」と書き込みました。

お子さんの勉強のことで気になることがあれば、遠慮なく書き込んでおきましょう。

「確認」をクリック

すらら資料請求

記入した項目を確認して「回答」をクリックでOKです!

 

1.2. すららの資料請求で届いたもの

すららパンフレット

【 すららの資料請求で届いたもの一覧 8種類 】

  1.  すらら全体の説明パンフレット
  2.  すららの特徴「無学年教材」パンフレット
  3.  理科・社会の「ストーリー学習」パンフレット
  4.  発達障がいの子ども向けパンフレット
  5. 文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)コピー
  6.  不登校の出席扱いについての参考事例のコピー
  7.  すららの家庭学習で出席扱いパンフレット
  8.  入会キャンペーンについてのパンフレット

すらら全体についてのパンフレットや、学習システムについてのパンフレットは一般的ですが、注目すべきは「不登校」に関する参考資料が同封されていたことです。

不登校を出席扱いにしたいと考えていたわが家にとっては、すごくありがたかったです。

学校との交渉で、文部科学省の「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」と「参考事例」のコピー、「不登校の出席扱いについて」のパンフレットが役立ちます。

「すらら」や文部科学省のサイトについて、学校側が調べてくれればいいのですが、今までの経験上期待できません。

学校に知ってほしいこと、理解してほしいことの資料はこちらが用意した方が安心。

特に「参考事例」が役に立ちます。

学校の先生はとにかく「前例がないこと」を嫌がります。他校でもいいので「前例」があると交渉がグンとしやすくなりました。

「すでに前例があるんですよ」とパンフレットを見せてお話すると、先生たちの緊張が少しやわらぎます。

子どもの不登校を「出席扱い」にすることを考えているのなら、パンフレットは早めに請求しましょう!

 

2. すららで資料請求をするメリット

ok

  • パンフレットを見せることで、子どもや家族に教材の特徴が伝わりやすくなる
  • 他の教材との比較がしやすくなる
  • いちいちパソコンを立ち上げなくても、教材について検討できる
  • 不登校を出席扱いにしたいとき、学校側に提出できる資料になる

子どもや家族と教材の話をするとき、PCだといちいち画面を見るために動く必要がありますが、紙のパンフレットをもらっておけば手渡すだけ。

また他の教材との比較がしやすくなります。パソコンだと画面を切り替えて見比べないといけません。

パソコンの画面だけだと、どうしてもリンクを押し忘れて情報を見落としがちです。

でも紙なら見落としの心配がありませんし、くりかえし確認できます。

 

3. すららで資料請求をするデメリット

特にありません。

資料請求は無料ですし、その後の勧誘電話やメールなどもなし。

あやしげな業者から、ダイレクトメールが来るようなこともありませんでした。

何かあるかな~~??と頭をひねってググっても見ましたが、結論デメリットは特になし!(^^)

 

4. すららの資料請求Q&A

Q&A

すららの資料請求について、よくある質問をまとめました。

4.1 【Q1】どれぐらいで資料が届きますか?

【A】申し込みから5日前後です

PCで申し込みをしてから5日目に届きました。

PCで情報を入力した時間帯によっても前後するかと思います。

 

4.2 【Q2】勧誘の電話などはありますか?

【A】ありません

資料請求をしてから、すららの受講申し込みをするまで2か月ほどありましたが、一度も勧誘はありませんでした。

 

4.3 【Q3】他の教材とも比べたいです。資料請求するならどの教材がいいですか?

【A】オンライン教材だと、チャレンジタッチのこどもチャレンジ、スマイルゼミなどがよく比較対象になるようです。

ママ友さんたちとの間で、よく話題になるのは「こどもちゃれんじ」と「スマイルゼミ」

高学年のお子さんになってくると、スタディサプリも選択肢に入ってきます。

チャレンジタッチとスマイルゼミの資料請求先は下記です。

スタサプは資料請求はありませんが、リンク先のページから無料体験ができます。

>>>チャレンジタッチの【こどもチャレンジ】

>>>◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

>>>スタサプ

どこも資料請求も体験も無料です。ぜひ取り寄せて納得いくまで比べてみてください。

 

5. すららの資料請求まとめ

まとめ

すららの資料請求について、メリット・デメリットをまとめました。

メリットは下記の通り、デメリットは特にありません。

  • 教材の比較検討がしやすいこと
  • 情報のとりこぼしがないこと
  • 不登校を出席扱いにするときの資料になること

無料なので気軽に資料請求できますよ。

ぜひパンフレットを手に、受講を検討してみてくださいね。

 

>>>すららの資料請求はこちら

 

>>>関連記事:すららは評判最悪?失敗しない為のメリット・デメリットと5つの特徴

>>>関連記事:オンライン教材【すらら】の無料体験は簡単!気軽にお試ししてみよう

 

 

 

スポンサーリンク

-オンライン教材, 不登校, 発達障害
-, , ,

© 2021 ふくねこブログ